マニュアル作成

「分かる」=迷いなく人に教えられる状態

試み「トレンドアフィリで人が来て稼げるノウハウは分かった」→「培ったノウハウをマニュアル化して、ルーティンで回せばいずれ100万狙えるはず」→「マニュアル化して標準作業を固めれば再現性も増し、迷いが減り、商品化もしやすい」

0)心得
・需要があるか?(そのキーワードは検索されるのか?)
・勝てるのか?(上位表示されるのか?)
・ユーザーニーズを満たせるか?
→この3つさえ守れば、食っていける

・まず書くこと
・結果を確認すること
・修正すること

1)ネタ選定
・ネタ選定とは「キーワード選定」である

2)執筆

3)順位チェック
・いつインデックスされたか?
記事を公開してからインデックスされるまでの時間を正確に把握する。トレンド記事において「タイミング」は集客を左右する大きな要因。必ず集客が狙えるタイミングで書くこと。

4)ライバル分析

マニュアル

試み →「トレンドアフィリで人が来て稼げるノウハウは分かった」
→「培ったノウハウをマニュアル化して、ルーティンで回せばいずれ100万狙えるはず」
→「マニュアル化して標準作業を固めれば再現性も増し、迷いが減り、商品化もしやすい」
0)心得
・需要があるか?(そのキーワードは検索されるのか?)
・勝てるのか?(上位表示されるのか?)
・ユーザーニーズを満たせるか?
→この3つさえ守れば、食っていける

スピード>クオリティ>ボリューム
→息を吐くように記事を書く
・まず書くこと
・結果を確認すること
・修正すること

ポイント
・そのファクトに対して、何が気になるのか?
・ツッコミどころを探す
・結局、数撃ったやつが当てる

1)選定
・ネタ選定とは「キーワード選定」である
手法1)テレビ欄を確認し、ツッコミどころを探す
→いつ?どこで?誰が?何を?なぜ?どのように?何と同じ?違いは何?
→何か?なぜか?誰でもそうか?いつでもそうか?そもそも?逆に?何と同じか?

手法2)狙う番組やYoutubeチャンネル、情報ソースを持っておいて、更新されたらすぐに書く
→ツッコミどころはどこか? 誰が見た時に、何が引っかかるか?
→その結果情報の受け手は、何をどんなキーワードで検索しようと思うのかを考える
→何が知りたい?何がわからない?何を思い出したい?何を確認したい?何をもう一度見たい?何を覚えたい?

手法3)日常の中で素直に気になったことをすぐに書く
テレビ、ラジオ、ネット記事、広告などなど
気になったこと、自分が調べて出てこなかったことは何でも書く


2)執筆
・狙うべきキーワードを明確にする
仕込み記事であればキーワードは5~6
リアタイ記事であればキーワードは2~3
ロング系記事であればキーワードは2~3
・狙うべきキーワードの数を確認する
既に上位表示されているサイトのキーワードの数を数える
メインキーワードは50~70
サブキーワードは20~50
それを上回る記事数で執筆する

・フォーマットを決める
人物/グループ
プロフィール
経歴
実績
人物像

ネタ
概要
構成
セリフ
意味

お店
基本情報
場所
口コミ
値段

番組/コンテンツ
概要
構成
感想
SNSの反応

商品/書籍/有料コンテンツ
値段
場所
口コミ
比較

3)順位チェック
・いつインデックスされたか?
記事を公開してからインデックスされるまでの時間を正確に把握する。トレンド記事において「タイミング」は集客を左右する大きな要因。
→確実にインデックスされるタイミングで、トレンドをとらえられる記事を作成すること
・どこにインデックスされたか?
→インデックスされた順位を正確に把握する。
・どんな敵に負けて、どんな敵に勝ったのか?
→自分より上位に表示されている相手を把握すること
・どんなキーワードが勝って、どんなキーワードが負けたのか?
→狙ったキーワードで勝てたのか?負けたのか?

4)ライバル分析
・ライバルサイトの順位は?

・ライバルサイトはいつから運営されているものか?

・ライバルサイトの記事数は?

・ライバルサイトの文字数は?

・ライバルサイトのメインキーワードの数は?

・ライバルサイトのサブキーワードの数は?

・以上を鑑み、「次の一手」で手が届きそうなライバルを狙う

コメント

タイトルとURLをコピーしました